離職率を推測するための方法とは

新しく仕事を探している時に、気になるポイントのひとつが離職率ですよね。ホームページに記載されていない場合もあり、実際に面接などの機会に採用担当者から聞かないとわからないことも多いといわれています。
一般的に離職率が低い職場は、人間関係も良好で、業務量も過度に多くない、また給与や社会保障といった福利厚生も手厚いという傾向が見られるようです。就職を決める時には、出来るだけ長年勤められる、好条件の企業を選びたいという人も多いので、選ぶポイントのひとつにしたいですよね。しかし、面接の時になかなか離職率について質問をすることは難しいでしょう。採用担当者によっては、マイナスのイメージを持たれてしまいかねないので注意が必要です。
そんな時に、採用担当者に聞かずに確認する方法として挙げられるのが、ホームページの写真を確認することです。新年会の写真や行事の写真をホームページに掲載している企業も多く、従業員の様子を確認することが出来るでしょう。その時にポイントとなるのが、従業員の年齢層についてです。比較的年齢層が高い場合には、長年その企業に努めている方が多いという傾向にあります。比較的年齢層が低い場合には、逆のことがいえるでしょう。
また、可能であれば面接の時に職場見学をさせてもらうことも重要なポイントになります。実際に職場の雰囲気や働いている方を見ることで、その職場の居心地の良さなどを肌で感じることが出来るでしょう。

よりよい職場で働くための秘訣をもっと知りたいなら>>離職率を徹底分析<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です